おせち 冷蔵

冷蔵おせちを選ぶポイントは?

冷蔵のおせちを購入するなら少しだけ注意したい点があります。一般的に冷蔵のおせちは生おせちを呼ばれる商品も含まれますがここで微妙なのが常温おせちという商品です。お届け後に食べる迄は

 

 

冷蔵庫にて保管する必要があるのかを確認しておく


必要があります。また、冷蔵おせちを購入する場合は冷蔵おせちの販売実績が良いところで購入することをおすすめします。冷蔵おせちは冷凍おせちのように賞味期限が長いうわけではないので冷蔵おせちの取扱いに長けた業者を選ぶのがベストです。

冷蔵おせちの通販と冷凍おせちの通販を比較

匠本舗のおせち料理
【残念ながら全商品完売しました】

製造提携工場充実!安心の冷蔵おせち料理の匠本舗

冷蔵おせち料理の紀文

流石の『急速冷凍』技術のOisixの冷凍おせち料理

健康重視のおせち料理ならおまかせ健康三彩の冷凍おせち料理

ネットショッピングモールで人気の板前魂の冷凍おせち料理

自社工場で生産の博多久松の冷凍おせち料理

通販で冷蔵のおせちを選ぶ理由

豪華な通販冷蔵おせちで正月を楽しむ

お正月に食べたいおせちですが、種類の多さ、スキル、手間を考えると通販でできているものを頼んでしまった方が便利で簡単なので多くの人が利用していますが、その際に冷蔵にするか、冷凍にするかという選択があります。

 

 

冷蔵おせちは、届くとすぐに食べることができおいしいので、あらかじめ時間指定をして、食べたい時間に届くように段取りができます。


届いたおせちはホテルやデパ地下で販売されているような重箱に詰められていて、見た目の美しさ、そして味もおいしく十分に楽しめ、豪華な雰囲気を作ってくれます。昨年はおせちは通販の楽天市場から取り寄せました。

 

冷蔵おせちは日持ちしないのでできるだけおいしいうちに早く食べるのがベストです。通販なのでどれにしようかとわざわざ出かける必要がなく、注文も簡単であり、しかも三段重、四段重といったゴージャスでリッチな冷蔵おせちがあるのです。

 

盛り付けの美しい冷蔵おせち

通販のおせちには冷蔵、冷凍がありますが、冷凍のおせちは解凍の仕方がよく分からないというので冷蔵のものを選ぶ人が増えています。自宅で解凍すると半凍りだったり水っぽくなってしまう場合があります。

 

うまく解凍できなかったらお正月気分が台無しです。おせち料理の冷蔵のものを選ぶもう一つの理由は盛り付けが美しいということです。よく「器も料理のうち」と言われますがその通りで、同じ料理でも盛り付け方で豪華さも味さえも違ってきます。

 

 

特に有名料亭が販売する冷蔵おせちなどは舌だけでなく目で見ても喜ばせるものです。


家庭でのお料理の盛り付けヒントにもなりますし、何かと忙しい年末年始には、盛り付けの手間さえも省けるのは主婦にとって嬉しいことです。また、フタを開ければすぐに食べられるのも冷蔵おせちの利点です。

 

盛り付け手間なしの冷蔵おせちで堪能しよう

お正月に欠かせないおせちは、店頭をはじめ多くの通販でも購入することができますが、通販購入の場合、冷蔵と冷凍がありニーズに合わせて選択できるしくみです。

 

美味しさを堪能するならやはり冷蔵おせちがオススメですが特に料亭おせちの冷蔵が美味しいと思います。

 

どちらも利点はありますが、味の面で言えば冷蔵の方が作りたての風味を損なうことなく味わうことができ、冷凍と違って食べたい時にすぐ冷蔵庫から出し、そのまま解凍待ちをせずに食べることができるので、時間のロスがありません。

 

 

またお正月といえども来客があった場合、慌てることなく食卓にそのまま並べることができます。


日持ちの面では冷凍品のほうが長持ちして便利ですが、冷蔵は重箱にキレイにセットされて届くので面倒な盛り付けをする手間を省くことができ、年末の多忙な時期にとても重宝します。

 

冷蔵おせちの人気と予約方法

おせちと我が家の煮しめ料理

おせちに入れる我が家の煮しめ料理は、ばあちゃん直伝です。お煮しめは、ちくわとさつま揚げ、八つ頭という大きな里芋と大根、ニンジン、昆布、しいたけ、こんにゃくををゴマ油でいためた後、しょうゆ、砂糖、みりん、酒で煮込んで作ります。

 

我が家のこのお煮しめは、おせちともお赤飯ともお雑煮とも相性が良く、おいしいです。2015年8月に天国に旅立ったばあちゃんも、いつもこのお煮しめを作って食べさせてくれたので、お煮しめを作るのが上手になりました。

 

お煮しめに入れる昆布は洗って昆布を戻してから結んで、こんにゃくは切った真ん中に切れ込みを入れて、手綱こんにゃくにしてからお煮しめを作ります。しいたけは、干しシイタケを戻して使ったり、生のしいたけを使うこともあります。

 

 

八つ頭というさといもは、ほくほくしてコクがあって美味しいです。


おせちにいれる我が家の手作りのこのお煮しめは家族全員大好きで一緒に食べるとおせちやごはんやおもちがすすみます。特にちくわやさつま揚げ、大根も味がしみて美味しいです。

 

カロリーと費用を抑えた自家製のゴボウ料理

おせち料理をつくるにはゴボウはなくてはならない食材のひとつです。とくにゴボウの煮物はおいしいことに定評があります。そこで自家製の方法としてはまず1袋3本入りを1セット用意し、味付けにおいては普通の砂糖を使用せずに

 

 

カロリーゼロの砂糖を使用します。


そして醤油ではなく鶏がらスープを使用します。カロリーゼロの砂糖と鶏がらスープを利用して長時間煮ると低カロリーで満足のいく自家製のゴボウができます。スーパーなどで販売されている市販の食材だと味付けが濃くてカロリーも高いです。

 

このように低カロリーで薄味でそこそこ満足感を味わうことができるゴボウを作ることが毎年楽しみであり、恒例行事にもなりました。ごぼうと一緒にれんこんや金時人参、こんにゃくなども一緒に調理します。たくさん作って冷蔵庫に保存します。

 

3食ともゴボウは食べますが、他の食材と一緒に食べてだいたい2日ぐらいで食べきります。このようにカロリーと費用を抑えた自家製のゴボウをずっと食べ続けたいです。またカロリー的に低いズワイガニを通販で購入しています。

 

友人達に触発されて黒豆、栗きんとんを作りました

高校時代の友人達と食事をした時の話です。みんなは、黒豆と栗きんとんは作ると言うのです。「みんな作るの?」「買うと高いじゃない、栗きんとんなんてさつまいもと栗を混ぜるだけだよ」5人が口を揃えて自分で作ると言うのです。

 

 

凄くショックでした。


後日、姉に話したら姉も簡単だと言うのです。年末に姉が「きょうの料理」の本と黒豆を買ってきてくれました。「レシピ通りに作ればで出来るからやってみなさい」笑い顔で帰って行きました。黒豆は29日から3日間かけて作りました。

 

 

豆を柔らかくする為に炭酸水を入れて煮ました。


古い釘は入れずに時間をかけてお砂糖を少しずつ入れ煮汁が豆にかぶる様に煮ました。栗きんとんは31日に作りました。さつまいもを裏ごしするのかと思ったらフードプロセッサーでペースト状にしました。

 

初めて作ったわりには美味しくできたと思います。今年の手作りは、お煮しめ、紅白なます、松前漬け、黒豆、栗きんとんでそれ以外のかまぼこ、伊達巻、田作り、数の子は買いましたが今度は伊達巻と田作りを作ってみたいと思っています。

 

冷蔵おせち料理と冷凍おせち料理のどちらがいいのか体験談を参考にしよう

洋風おせちは料理は通販の冷凍で購入した

 

今年のお正月は我が家には受験生がいたので、自宅でのんびりと過ごしました。例年であれば実家や義実家に帰省するのですが、高校受験を控えている長女が自宅で過ごしたいと希望したので帰省は春休みに延期しました。

 

自宅でお正月を過ごすなんて長女が生まれる前以来です。長女が生まれてからは孫の顔を見せるために、それぞれの実家に帰省して過ごすのが恒例となっていましたから。そんなわけで今年のお正月は自宅でもおせちを用意しました。

 

用意すると言っても料理嫌いな私が作れるわけでもなく、通販で購入するだけのことなんですけどね。長女にどのようなおせちが食べたいか聞いてみたところ、洋風のおせちが食べたいというので冷凍おせち料理を通販で購入しました。

 

洋風のおせちを購入するのは初めてだったのですが、ワインにも合うようなお惣菜がたくさん入っていたためか意外にも夫に好評でした。娘が希望をした洋風おせちですが、当の娘は想像していたものと違ったと言っていました。


おせち料理は冷凍で購入する予定

 

今年のクリスマスケーキを予約するために、先日デパートに行ってきました。お気に入りのパティスリーがあるので、クリスマスケーキは毎年デパートのケーキ屋さんで購入しているのです。クリスマスケーキの予約ついでにデパ地下をウロウロして、色々なお店を見てきました。季節柄ハロウィン関連の商品が多かったように思いますが、おせちの予約販売もちらほら始まっているようでした。

 

我が家のおせちは通販で購入することが多く、今年のおせちは通販ショップで購入しました。来年のおせちはまだ購入していませんが、そろそろ購入しておかないと良さそうなおせちは売り切れてしまいそうです。デパートのおせちも彩よく豪華なものだったので、たまにはデパートのおせちを購入するのもいいかなと思っています。

 

最近はデパートのおせちも通販サイトで購入できるようなので、今夜にでも検討し始めようと思います。何とか予算内に収まるおせちを購入したいと思っていますが我が家は5人家族ですからボリュームも重視するとなると毎年悩みます。


おせち料理はの冷凍じゃないと品質が心配

 

おせち料理は年に一度だけのものだし、おめでたいものだからできれば家で手作りをしたいとは思うものの、なかなか難しいというのが本音です。年末はなにかと忙しいですしね。我が家で作るものはお煮しめ、だし巻き卵、酢ばす、それから子供が大好きな鶏のつくねくらいでしょうか。田作り、黒豆、きんとん、かまぼこ、尾頭付きの鯛の焼いたもの、昆布巻きなどは、おせち通販で買い揃えます。

 

お刺身とタラバ蟹は通販で注文して、30日に届くように手配をしておきます。大晦日にそれらを解凍します。数の子はそれよりも前に購入しておいて、30日に塩抜きをしておいて大晦日に調味液に漬けます。

 

我が家では味付けして小さく切った数の子と浸し豆という青大豆をゆでたものとをあえて食べるのが習慣になっています。元旦には作っておいたお煮しめなどに買ったおせちを重箱に詰めます。数の子と浸し豆は小鉢に入れて食卓に出します。

 

焼き鯛、刺身、カニはそれぞれお皿に盛りつけます。あとは茶碗蒸しを作って我が家のおせち料理は完成です。作るのが面倒と感じた時はおせち料理の予約は冷蔵より冷凍で購入しています。


更新履歴